< meta name="keywords" content="朴鐘顕" />
So-net無料ブログ作成
朴鐘顕 ブログトップ

講談社 朴鐘顕 通名や高校プロフィールは? [朴鐘顕]

講談社元編集長朴鐘顕容疑者とは?


去年8月に東京文京区の住宅で女性が死亡しているのが見つかった事件、

警視庁は夫で大手出版社・講談社の編集次長の朴鐘顕容疑者を逮捕した。
1.jpg
との報道がされた。

朴鐘顕容疑者は妻の佳菜子さんが死亡した際に

階段から落ちたという説明をしていたが

その後に首をつって死亡した

と発言を変えている。

警視庁は自宅に第三者の侵入した形跡がない

ということで朴鐘顕容疑者以外に犯行は難しいと判断した。





朴鐘顕容疑者は妻に手をかけるようなまねはしていないというが

何故階段から落ちたから首をつったという

ように変えたのだろうか、

警視庁の取調べ中に朴鐘顕容疑者に何かがあったのだろうか

去年行われた任意の取り調べに朴鐘顕容疑者は

妻は子育てで愚痴をこぼしていて、夫婦のトラブルになっていた

と説明していたそうです。

事件直前に妻の佳菜子さんは文京区の子育て支援センターに複数回

相談していたことがわかっている。

夫が子育てを手伝ってくれない

教育の価値観の違いからけんかになり、平手打ちをされた

などと相談がされていたそうです。




講談社の敏腕編集長で仕事で忙しかったのだろうか、

それとも講談社での編集長ということもあり

作家を育てるのと同じように子育てをしようとしていたのか

それはわかりませんが、

朴鐘顕容疑者が子育てでの犯行なのか、

それとも別の何かなのか捜査の進捗を待ちたいと思います。


スポンサーリンク





講談社編集長の朴鐘顕


11日に講談社モーニングの宍倉立哉編集長が

講談社ホームページを通じて改めて謝罪するとともに、
2.gif
一部報道に対し

進撃の巨人の立ち上げ担当

とありますが、これは事実ではありません。

と誤りを指摘した。

コメントでは

読者の皆さまへ

いつも「モーニング」をご愛読いただき誠にありがとうございます。

この度の小誌編集部員の逮捕によって世間をお騒がせし、

読者の皆さまにもご心配をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。

本人は無実を主張しておりますので、捜査の推移を見守りつつ

社としても編集部としても慎重に対処してまいります。

と講談社側も現在捜査を待っているという状況なのだろう。




朴鐘顕容疑者の通名は使っていたのだろうか?

講談社の編集長ということですので、

もしかしたら使っていたのかもしれませんね。

そもそも通名とは外国籍を持つ人が日本国内で

使用する名前の事だそうです。

新井 山本 木村 金本 金田 安田

岩本 金沢 金山 金光 高山 徳山 平山 松本 山田

などが通名として使われることが多いそうです。

ですが今回の事件の報道では通名が使われていませんでした。

ですので通名を使っていなかった可能性もありそうです。

講談社での呼び名が鬼才ということ

朴鐘顕容疑者は通名に関して報道されていません。


スポンサーリンク





朴鐘顕のプロフィールは?


朴鐘顕容疑者は1975年7月22日

大阪府堺市の出身で在日韓国人

小学校、中学校、高校は現在不明です。

大阪府出身ということなので

小学校から高校までは大阪府内なのではないだろうか

ネットなどでも高校までは大阪府という情報もあるそうです。

SNSなどで高校までの経歴は今後出てくるのだろうか。

その後に一浪し京都大学の法学部に進学

1999年に講談社に入社漫画雑誌を担当

2016年6月にモーニングの編集次長となった。

事件の2ヶ月前に少年誌から青年誌モーニングの責任者に異動になったそうです。



3.jpg
朴鐘顕容疑者のツイッターには

4年間で1万回以上発信をしている。

子育ての悩みもあるが

多くが編集者として新人漫画家を育てるというつぶやき

仕事が好きなだったのだろうか。

それとも講談社の編集者という立場からなのかだろうか。

それはわかりません。




しかし今回の事件でネットではまた韓国人か、

という反応も多いようです。

まだまだ事件については警視庁の捜査がありますので

何ともいえませんが、

朴鐘顕容疑者の経歴やプロフィールは時間が経てば

出てくるのだろうか。

今後の情報を待ちたいと思います。


スポンサーリンク





関連記事



上川傑 マツダ 画像と菅野恭平との関係は?


高畑裕太 被害女性 示談金と知人男性とは?


高畑裕太 被害女性 画像 本物か?


高知東生 ホステス 五十川敦子 店と高島礼子と関係はある?



目次ページはこちらから


朴鐘顕 ブログトップ