< meta name="keywords" content="田児賢一" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
田児賢一 ブログトップ

田児賢一 海外 マレーシアでバドミントン移籍も闇カジノで出場できない [田児賢一]

1.jpg
闇カジノ問題でバドミントンの


田児賢一氏と桃田賢斗氏が問題となり、


所属していたNTT東日本から解雇され、


日本バドミントン協会からは無期限の登録抹消処分


受けている田児賢一氏ですが、


海外での移籍先を探している


ということです。




その海外の移籍先がマレーシアということですが、


マレーシアでは14年に男女混合の


プロリーグが発足しています。


そしてマレーシアやインドネシアではバドミントンを


国技としていますので、


田児賢一氏が移籍するのにはいいのだろう。


ですがNTT東日本のバドミントン部は活動停止中という中で


桃田賢一氏だけが早々にバドミントン選手として


復帰するということに周囲もそうですが


ネットでも疑問の声が出ています。




闇カジノでの借金は返済したとニュースでありましたが、


田児賢一氏は


生きていくために仕事を探さないといけない


とありました。


そこで日本では無期限の登録抹消処分でしたので


海外へ移籍しバドミントン選手として現役続行を


したいのだろう。


日本バドミントン協会の処分は


国内と世界連盟対象の国際試合が対象


そして


海外リーグでのプレーや国籍変更による国際大会出場は、


我々の処分が及ばない。


とバドミントン協会幹部も語っているそうです。


いつまでも下ばかり見ていないで


前を向こうとしているのだろうか、


それとも何らかしらの理由があるのだろうか。


田児賢一氏の狙いとは?

田児賢一とバドミントンについてはこちらから



スポンサーリンク





移籍先がマレーシアの理由とは


日本でバドミントン選手として闇カジノ問題で


信頼を失ってしまった為に海外でプレーをしたい


という田児賢一氏ですが、


どうやらそう上手くはいかないようです。



2.jpg
マレーシアのプロリーグ・パープルリーグは7日に


日本バドミントン協会が特別に認めない限り


マレーシアのパープルリーグでプレーすることを


認めないとする声明を発表したそうです。


以前に田児賢一氏はNTT東日本で在籍していたが


海外のペタリング・ジャヤに所属していた為、


日本から離れてプレーしようとしたのだろう。




ですがマレーシアのパープルリーグによる声明は


パープルリーグに所属する全チームは


日本バドミントン協会の決定を尊重しなければならない。


関心のある選手がいても、


我々には日本バドミントン協会の許可が必要だ。


としています。




これにより田児賢一氏は海外でのプレーは出来ないのか?


とも思えてきます。


ですがマレーシアのプロリーグでは無理でも


同じくバドミントンが盛んなインドネシアでは


どうなのだろうか。


現在出ている情報ではインドネシアからの


移籍については出ていませんので


田児賢一氏はインドネシアへ移籍するのでは?


とも思えてきます。




ですがマレーシア同様にインドネシアからも


移籍拒否もありうるかもしれません。


果たして田児賢一氏はどうなってしまうのだろうか。


スポンサーリンク





インドネシアがバドミントンが盛んな理由


闇カジノ問題が発覚してから悪い意味で有名となったであろう


バドミントンですが、


調べていく内に色々なことがわかったという意味では


有名になったのではとも思えてきます。



3.jpg
バドミントン選手が意外なほどに儲かる


というのは


闇カジノに出入りしていた田児賢一氏、桃田賢斗氏からも


わかるだろう。


田児賢一氏は借金までしていたのは


流石にダメなことですが、


それでも闇カジノで一回に100万円単位を賭けていた


とも言われていますので


バドミントンの有名選手は儲かるのだろう。

バドミントン選手の年収についてはこちらから





そして海外でのこともあります。


インドネシアでバドミントンが国技となっている


理由ですが、


ネットでは


歴史的に大英帝国の植民地であった


バドミントンは 英国発祥の競技


植民地政策の一環としてスポーツを取り入れた


地勢的に中華系の架橋の存在があり


食文化としてのアヒルや鴨が養畜として存在した。


その為にシャトルの材料には事足りた


などの条件が揃ったのが理由。


ということもありました。




そういった歴史的な一面も見れたということもあり


良い意味ではバドミントンを知るきっかけにもなった。


ということも個人的にはいえなくはないだろう。




田児賢一氏はバドミントンが有名なマレーシアやインドネシアに


移籍する理由としては


合法のカジノがあるからでは?


ということも噂されているようです。


日本には当たり前のことではありますが


カジノがありません。


ですので闇カジノに田児賢一氏は行ったのだろう。




ですのでマレーシアやインドネシアに移籍しても


カジノに行ってしまうのか。


ということもあるとも思われますが、


記者会見での田児賢一氏の言葉からは


カジノには行かないのではとも思えてきます。




果たして田児賢一氏の海外移籍問題はこの先どうなるのか


この先の情報を待ちたいと思います。


スポンサーリンク





関連記事



桃田賢斗 タトゥー 足と画像


桃田賢斗 スナック 錦糸町とバドミントンの西本拳太


桃田賢斗 スナック スカートと西本拳太


桃田賢斗 スナック 名前とどこにある?



目次ページはこちらから


バドミントン 田児賢一 オリンピックと闇カジノ [田児賢一]

3.jpg
一体何故?とも思われるバドミントン男子


NTT東日本所属の田児賢一さんと桃田賢斗さんが


闇カジノに出入りしていたとを認めています。


田児賢一さんはオリンピックに出場したことがある


バドミントン界でも有名な選手なだけに


今回の闇カジノ問題は残念でしょうがありません。




田児賢一さんは2014年に左足首捻挫のケガがあってから


思ったような成績が残せなくなっていましたが、


自費派遣での国際大会出場を続けていたそうです。


そして桃田賢斗さんはバドミントンの世界ランク4位と


メダルに近かっただけに、


今回のオリンピック出場が厳しいということです。

田児賢一は引退?についてはこちらから





日本バドミントン協会は10日に緊急理事会を開催し


正式に処分が決定するそうです。


ですがオリンピック出場は絶望的ではないか


とも言われています。


野球賭博の際は巨人の選手は実質的には


引退になっていただけに、


もしかしましたら田児賢一さんと桃田賢斗さんも


最悪の場合は引退になってしまうかもしれません。


2016年はリオ・オリンピックが開催されるだけに


バドミントン男子のメダルが期待されていただけに


残念なニュースであったと思います。


スポンサーリンク





田児賢一と桃田賢斗の闇カジノ問題


バドミントンのオリンピックに出場経験がある田児賢一さん、


そしてオリンピック候補として最有力とも言われている


桃田賢斗さんが何故闇カジノに出入りしていたのか?


ということです。




田児賢一さんは2014年の12月頃客引きの紹介


違法な場から賭博を行っていたJR錦糸町駅に近い店に行き


その1週間後に田児賢一さんが桃田賢斗さんを紹介し


訪れたそうです。



6.jpg
田児賢一さんは多いときには100万単位


桃田賢斗さんは数万から数十万円単位で賭けていたそうです。


最終的には1000万以上は負けていた、


そしてバドミントンのラケットを持った後輩らしき男女も連れてきた


ということらしです。




この闇カジノは2015年に摘発されすでに閉店している


ということらしいです。


果たしてその後は別の闇カジノに出入りしていたのか


どうかはわかりませんが、


この闇カジノ問題で


田児賢一さんと桃田賢斗さんの二人は


バドミントンのマレーシア・オープンを棄権し帰国しています。


その後はNTT東日本の本社がある新宿に向かったそうです。


スポンサーリンク





賭博好きの日本人


闇カジノ問題で田児賢一さんと桃田賢斗さんが


話題となていますが、


日本人はギャンブル好きということもあるのでは?


とも思われるのではないだろうか。




日本人はギャンブルで年間30万円と世界で一番多いそうです。


街中にはパチンコ店があり、


テレビでもパチンコのCMが流れていたりもします。


最近ではソーシャルゲームのガチャもある意味でいえば


ギャンブルとも言われています。




ソーシャルゲームでの課金問題が報道されたりしていますし


実際かなりの金額を課金されている人も


いるのが事実ではあります。


ですので闇カジノがあっても相当な儲けになるのだろう。


ですがその売り上げが反社会勢力の資金となっている


とも言われていますので、


闇カジノが問題視されているのだろう。




元々はスポーツ選手として活躍してきただけに


田児賢一さん、桃田賢斗さんについては


残念です。


野球賭博問題しかり、


今回の闇カジノ問題も本人の意思によるものだろう。


やはり行かない、やらないことが一番ですが、


あの手この手を使い誘惑してくるので


強い意志が必要になってくると思われます。


スポンサーリンク





関連記事



バドミントン 田児賢一 引退は闇カジノ


バドミントン 田児賢一 画像はイケメンと闇カジノ


巨人 高木京介 記録も野球賭博で台無し


山田大輔 タニマチ 本名と逮捕された清原和博



目次ページはこちらから


バドミントン 田児賢一 画像はイケメンと闇カジノ [田児賢一]

2.jpg
違法性が疑われる闇カジノの出入りしてたことを


認めた田児賢一さんと桃田賢斗さんですが、


所属しているNTT東日本が部員への事情聴取を行い


田児賢一さん、桃田賢斗さんの他にも一部部員


闇カジノに出入りしていたことを認めていたというこです。

田児賢一と闇カジノについてはこちらから





この闇カジノ問題に対して


元バドミントン・バルセロナオリンピック代表の


陣内貴美子さんが


正直に事実関係を話すことが、


彼らがいま果たすべきことではないかなと思います


と語っています。




田児賢一さんと桃田賢斗さんの二人の状況について


2人とも事の重大さを認識し、憔悴しきっている。


ドクターも呼ぶような状況で、


言っていることも2転3転しており、


ヒアリングも慎重にやらざるをえない


とやはり事の重大さを認識しているのだろう。




この先処分については日本バドミントン協会の緊急理事会が


行われ10日に処分を正式に決定するそうです。


NTT東日本の広報宣伝活動のバドミントン部が


ただいまメンテナンス中です。


大変ご迷惑をおかけします。


とありました。


これは元々メンテナンス中なのか、


それとも田児賢一さんと桃田賢斗さんが出入りしていた


今回の闇カジノ問題があってのことなのかは


わかりませんが、


これからの行動に注目したいです。


スポンサーリンク





バドミントン男子の画像はイケメン


最近のバドミントン男子はイケメンばかりという


ことが話題となっています。


桃田賢斗さん、上田拓馬さん、早川賢一さん、嘉村健士さん


確かに画像を見ていますとイケメンだなと感じます。


こんなにイケメンがバドミントンで戦っている姿は


カッコイイと感じる人が多いのでは、


とも思えてきます。



5.jpg
特に上田拓馬さんはスマッシュ王子ということで


注目されています。


画像で見ていましても、


さわやかで清潔感がある姿はイケメンだなと


正直羨ましいですね。




バドミントンのトマス杯で日本が初優勝した際には


かなり注目されたのではとも思えてきます。


その際にバドミントンのイケメン集団が注目されたのでは


とも考えられます。


初の世界一になった際の画像では選手が勢揃いしている


画像を見ていますと確かに皆さん良い顔をしています。


嬉しい初優勝で喜びが溢れているのは


画像からも伝わってきます。




ただのイケメンだけではないというのが


トマス杯での初の世界一からも証明されているのでは


ないだろうか。


この先のリオ・オリンピックでのメダルも期待されていただけに


やはり田児賢一さんと桃田賢斗さんの二人の闇カジノ問題が


残念でしょうがありません。




こうした問題ではなく、


オリンピックでメダルを獲った際の画像を見たかったと思います。


スポンサーリンク





リオ・オリンピックでのメダルはどうなる?


日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は、


日本オリンピック委員会にリオ・オリンピックの代表として


推薦できない


と語っています。


桃田賢斗さんは今年もインドオープンで優勝していますし、


2015年には世界ランク3位になっています。




バドミントンで一番メダルに近いともされているだけに


桃田賢斗さんの闇カジノ問題が残念でしょうがありません。


田児賢一さんも2014年に左足首捻挫が原因で思ったような


成績が残せなくなったとはいえ、


2013年には世界ランク3位となっていました。




田児賢一さんと桃田賢斗さんも含めて、


将来性がある選手が闇カジノに手を出していた


のは残念ではありますが、


この先の賭博問題も含めて対応策がどうしていくのかも


注目したいところです。




2016年にはスポーツ界では暗いニュースが目立っているように


思えてきます。


元プロ野球選手の清原和博氏、


そして野球賭博問題とそして今回の闇カジノ問題


今年はリオ・オリンピックの年ですので、


是非オリンピックでメダルを獲って


明るいニュースにしてほしいと期待しています。


スポンサーリンク





関連記事



バドミントン 田児賢一 引退は闇カジノ


バドミントン 田児賢一 オリンピックと闇カジノ


巨人 高木京介 記録も野球賭博で台無し


山田大輔 タニマチ 本名と逮捕された清原和博



目次ページはこちらから


バドミントン 田児賢一 引退は闇カジノ [田児賢一]

1.jpg
バドミントン男子の田児賢一さんと桃田賢斗さんの


二人が闇カジノに出入りしていたことを認めた


というニュースが報道された。




プロ野球界でも野球賭博があったりしましたが、


バドミントン界でも賭博問題になるとは


思いもしなかったです。


田児賢一さんと桃田賢斗さんの二人意外でも


一部の部員も闇カジノへ出入りしていたとされています。




NTT東日本からは田児賢一さんと桃田賢斗さんの


状況を明かし、


2人とも事の重大さを認識し、憔悴しきっている。


ドクターも呼ぶような状況で、


言っていることも2転3転しており、


ヒアリングも慎重にやらざるをえない


と説明している。




オリンピック出場権獲得が濃厚とも言われている


桃田賢斗さんですが、


果たしてオリンピック出場はどうなるのだろうか?


そして闇カジノに出入りしていた


田児賢一さんと桃田賢斗さんは引退となるのか、


日本バドミントン協会は10日に緊急理事会を開催し


正式に決定するという。


スポンサーリンク





田児賢一と桃田賢斗はカジノ好き?


田児賢一さんは全国小学生選手権男子ダブルスで優勝


中学時代は全国中学生選手権男子ダブルスで連覇


高校時代は全国高等学校選抜バドミントン大会


団体戦・男子シングルス・ダブルスで優勝


国際大会にも出場し、


2006年アジアジュニア選手権の男子シングルスで


全種目通じて日本人初となる優勝


2010年の第100回全英オープンで44年ぶりに決勝進出




田児賢一さんは小学校の頃からバドミントンの才能が


あったのだろう。


成績を見ていますと日本では敵なしとも思えてもきます。


世界大会でも活躍していますので、


これからの日本のバドミントンのエースとして


将来が期待されている人なのではないだろうか。

バドミントンイケメン画像についてはこちらから





ですが2014年の12月に左足首捻挫のため棄権し、


その頃から結果を残す事が出来なくなった。


2015年の9月にバドミントンのナショナルチームから離れ、


自費派遣による国際大会出場を続けているそうです。



4.jpg
田児賢一さんがバドミントンの国際大会に出場しているということで


国際大会開催地がアジアやヨーロッパになっています。


韓国、マカオ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、


等で国際大会が開催されました。


この国はカジノがある国でもあります。




田児賢一さんらが国際大会に遠征に行った際に


息抜きとしてカジノをしていたのではないだろうか。


ですが次第に嵌っていき、


闇カジノに手を出した


とも考えられなくはないだろうか。




闇カジノで田児賢一さんを見ていた客では


一回に100万単位で勝負をする、


勝っても負けても2~3時間後にまたやってくる、


知人に今日は200万負けたと話しているらしい。




勝負事をしている人らしいといえばらしですが、


どうせ賭けるならバドミントンの世界大会の


勝負で賭けてほしいとも思えてきます。


スポンサーリンク





田児賢一は引退か?


田児賢一さんが闇カジノに出入りしていたことが


発覚しましたが、


やはり引退してまうのか?




野球賭博問題で福田聡志投手、笠原将生投手


松本竜也投手が事実上の引退となっています。


野球賭博でも闇カジノでも


違法となっている賭博ですので、


もしかしましたら田児賢一さんも引退してしまうのではないか?


と噂されています。




今回の闇カジノ問題でリオ・オリンピック出場は


絶望的ではないだろうかとも噂されています。


そういったことになってはやはり残念でしょうがありません。


この先どうなっていくのかを注目したいと思います。


スポンサーリンク





関連記事



バドミントン 田児賢一 画像はイケメンと闇カジノ


バドミントン 田児賢一 オリンピックと闇カジノ


巨人 高木京介 記録も野球賭博で台無し


山田大輔 タニマチ 本名と逮捕された清原和博



目次ページはこちらから


田児賢一 ブログトップ