< meta name="keywords" content="安田純平" />
So-net無料ブログ作成
安田純平 ブログトップ

安田純平 身代金 過去も捕まり2回目 [安田純平]

AS20150124000730_comm-300x297.jpg
フリージャーナリストの安田純平さんが


シリアに入国してから消息を絶っていましたが


16日に安田純平さんを名乗る男性の映像が


投稿された。

安田純平さんの経歴についてはこちらから




これについてトルコ在住のシリア人


男性は安田純平さんだ


ということを証言しています。



安田純平さんを拘束しているのは


ヌスラ戦線という国際テロ組織のアルカイダ系


であると説明しています。



安田純平さんは密入国ブローカー


一緒にシリアに密入国していましたが、


拘束された。


だがこの密入国ブローカーは解放され、


ヌスラ戦線の名前を出すな。


トルコの治安機関に捕まったと言え


と語っています。



この密入国ブローカーが言っていたことと


安田純平さんを名乗る男性の言っていたことは


矛盾を感じますが、


拘束されてから時間が経った今になって何故?


という疑問もあります。


現在出ている報道だけでは判断がつかないですが


過去にも捕まり2回目ということもあり、


安否が心配されます。


スポンサーリンク





安田純平が過去にも拘束されている


さて安田純平さんが過去にもイラクで拘束されています。


その際は紳士的な扱いを受けたと


話していますが、


拘束されたのは2回目になり


今回は過去に拘束された時と同様な扱いを


受けているのか?


心配になってきます。



ヌスラ戦線は身代金を要求していますので


恐らくではありますが、


身代金を受け取るまでは


非人道的な扱いは受けてはいないだろうとは


思われます。


しかしこのまま身代金を支払わなかったら


どうなってしまうのかという


ことも考えられます。



過去に安田純平さんと同様に身代金を目的に


拘束されたジャーナリストはいらっしゃいます。


やはりヌスラ戦線だけではなく、


ジャーナリストを拘束して身代金


要求するのは


資金調達が目的なのだろうとも思われます。


EA1361.jpg
目の前に身代金を持ってきてくれる


格好の獲物がいるのですから


当然食いつきますね。


危険とわかっていても


真実を伝えるジャーナリストとしては


行かなければいけないという気持ちも


わからなくはないですが、


命あってこそなのではないだろうか。



危険だからやめた方がいい


という現地の密入国ブローカーは止めています。


それでも密入国までして行くのですから


自己責任で済ませられないとも感じられます。



過去に拘束され2回目ですので


そういったことも含めて


過去の教訓をいかせられなかったのだろう。


スポンサーリンク





安田純平は大丈夫か?


前回は身元の確認での拘束ということもあり


2回目となる今回も大丈夫だろう。


という気持ちもあったのではないだろうか


とも考えらないだろうか。



ですが今回は国際テロ組織でもある


ヌスラ戦線ですので


今後の対応でどうなるのかが


わからなくなってきます。


wikipedia-logo_1-52c7d.png
そして現在安田純平さんのwikiが削除がされるのでは


という状況になっています。


wikiでは著作権侵害が指摘され、


現在審議中ということもあり


もしかしましたら安田純平さんのwikiの


内容、もしくはそのページ自体が見られなくなるかも


しれませんね。



やはりデリケートな問題でもありますので


今後の報道での安田純平さんの安否が


心配になっています。


無事に日本に帰国してほしいです。


スポンサーリンク





関連記事



安田純平 身代金 前回もイラクでも捕まる



目次ページはこちらから






目次ページ

安田純平 身代金 前回もイラクでも捕まる [安田純平]

jumpei-yasuda-1-exlarge-169.jpg
ジャーナリストの安田純平さんがシリアで行方不明に


なっていた事件が密入国ブローカーの親族の知人が


安田純平さんの拘束への関与を周囲に認めている


ことがわかった。

安田純平とヌスラ戦線の疑問についての記事はこちらからdiv>




安田純平さんは1997年に信濃毎日新聞入社後に


2002年3月にアフガニスタンを取材した。


そして4月に文化部に異動し12月に休暇を取り


イラクを取材していた。



安田純平さんは2003年に信濃毎日新聞を


退社後にフリージャーナリストになり


2月からイラクに滞在し取材していた。


イラク軍やイラク警察に数度拘束されてもいます。


ジャーナリストはそう何度も拘束されるのか?


という疑問も出てきますが、


立ち入り禁止の場所に入ったのか、


それとも何らかしらの問題があったから拘束されたのか、


それはわかってはいません。



しかし安田純平さんはジャーナリストとして


イラクやアフガニスタンを


訪れ真実を追究する姿は逞しくもありますが、


やはり自分の命あってのことです。


前回もイラクで拘束され、


身代金を要求されてもいますので


今回も前回同様に身代金目的ではという情報もあります。


スポンサーリンク





身代金目的なのに前回の教訓を生かせなかった?


2004年にイラクで武装勢力に拉致され、


身代金を要求されていたこともありました。


安田純平さんは解放後に


身元確認を目的とする拘束で、紳士的な扱いを受けた


と語っています。



恐らくこのことは本当なのだろう。


しかし今回の事件ではヌスラ戦線という


国際テロ組織アルカイダ系に拘束された


と報道されています。


ブローカーは解放されましたが、


ヌスラ戦線の名前を出すな。

トルコの治安機関に捕まったと言え


と要求されたと説明している。


Antakya-763345.jpg
昨年の6月下旬にトルコ南部のアンタクヤから


シリア北西部に入った。


危険だからやめた方が良い


と助言したが取材したいとのことで


入国しています。


危険という現地を知っている人の意見を


何故聞けないのか?


ということを毎回思っている人も多いのではないだろうか。


それでも危険を冒して行くのは、


ジャーナリスト魂なのか


それともスクープを掴んでのお金ほしさなのか、


当たり前のことではありますが


本人ではないのでわかりません。



ですが拘束され身代金を要求。


それだけですといいですが、


殺されてしまっては意味もないです。


もっと現地を知っている人の意見を


聞くことを覚えてほしいですね。


前回も拘束されていますので


そういった意味でも自己責任なのだろう。


スポンサーリンク





映像は安田純平さんか?


安田純平さんを名乗る男性が16日に


インターネット上で確認された。


どうやらこの男性が安田純平さんだと


証言したいます。



ヌスラ戦線の要求はやはり身代金だということも


伝えています。


そういったことからもヌスラ戦線は


身代金欲しさに安田純平さんを拘束したのだろうか


それとも別の何らかしらの理由があったのだろうか


現在はわかってはいませんが、


これからの情報を待ちたいです。



ヌスラ戦線に拘束されてから


時間が経っていますが、


何故今のタイミングなのか?


これにもやはり疑問に思えてきます。



この先安田純平さんがどうなっていくのか心配です。


前回と同じように無事に日本に帰ってきてほしいと思います。


これからの報道を待ちたいです。


スポンサーリンク





関連記事



安田純平 身代金 過去も捕まり2回目



目次ページはこちらから






目次ページ

安田純平 ブログトップ