< meta name="keywords" content="亀田興毅" />
So-net無料ブログ作成
亀田興毅 ブログトップ

亀田興毅と河野公平の注目の世界戦がテレビ放送される! [亀田興毅]

亀田興毅さんと河野公平さんの世界戦がついに実現する!


PN2015083101002090.-.-.CI0002.jpg


何度も試合の噂があったものの流れてしまい、



亀田興毅さんは焦らされていたのではと思われます。



試合会場はアメリカで行われ、Lヘビー級戦の前座試合として



行われます。



前座試合といえど世界戦であり、日本人同士の試合となると



やはり注目が集まります。



現在王者の河野公平さんと挑戦者の亀田興毅さんがどちらが



勝つのか!?をみていきたいと思います。














王者と挑戦者の戦い



王者・河野公平さんは39戦30勝8敗1引き分け



と試合経験が豊富であります。


i320.jpg


そして河野公平さんはタフボーイと呼ばれるほどのタフさがあります。



世界チャンピオンになったのは2012年12月31日に



WBAスーパーフライ級王者テーパリット・ゴーキャットジム



から4R目に3度ダウンを奪い世界チャンピオンになった。



しかし2013年の5月6日に



暫定王者リボリオ・ソリスに判定で敗れ、世界チャンピオンから陥落した。



そして2014年の3月26日に暫定王者デンカオセーン・カオウィチット



と世界スーパーフライ級王座決定戦を行い、8RにKO勝ちし、



世界チャンピオンに返り咲いた。




対する挑戦者の亀田興毅さんは


34戦33勝1敗と河野公平さんと同じくキャリアが豊富です。


5984.jpg


通称は浪速乃闘拳と呼ばれています。



2006年8月2日にファン・ランダエタとWBA世界ライトフライ級王座決定戦



で判定勝ちをし初めての世界チャンピオンになった。



しかし2度のダウンでの判定勝ちには疑問があり、



2006年の12月20日にファン・ランダエタと再戦し判定勝ちで初防衛となった。



そして2009年11月29日にWBC世界フライ級王者内藤大助に判定勝ちし、



世界チャンピオンと2階級制覇を果たした。



2010年にはアレクサンデル・ムニョスとWBA世界バンタム級王座決定戦で判定勝ち



し3階級制覇を達成した。



2014年の12月9日にはWBA世界バンタム級を8度防衛したことが評価され、



スーパーチャンピオンベルトが贈呈された。



そして2015年の10月16日に運命の4階級制覇に挑むことになった。




今回の世界戦では両者共に30戦以上の経験があります。



どちらも世界王者経験者(河野公平は現世界王者)です。



世界王座という舞台には慣れているはずです。



そして同じ日本人同士なので戦いには慣れているでしょう。



亀田興毅さんは試合前から河野公平さんに挑発をしていることから



精神的な面から攻めていこうとしていますが、



河野公平さんは



チャンピオンの方が気は楽。すごくリラックスできてます。



それがコンディションのよさにつながっている



とリラックスしています。



タフボーイの河野公平さん相手に亀田興毅さんがどう攻めていくのか?



そして河野公平さんが亀田興毅さんをどう攻略していくのか?



17日の放送(アメリカ時間16日、日本時間17日)が楽しみです。














まとめ



17日に運命の戦いが放送されます。



チャンピオン・河野公平さんの防衛するか!



それとも亀田興毅さんの4階級制覇なるか!



とても楽しみです。



日本人同士がアメリカで世界戦を戦うこと自体がめずらしいですが、



アメリカのボクシングファンも楽しみにしていると思われます。



残念ですが日本では録画放送ということで生放送では見れません。



ですが二人の世界チャンピオンに賭ける意気込みは命をかけています。



二人の戦いに注目したいです。















亀田興毅 ブログトップ