< meta name="keywords" content="村上春樹" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
村上春樹 ブログトップ

村上春樹氏、ヤクルト優勝に喜び!!エッセイ 辺境・近境に集うがノーベル賞はお預け [村上春樹]

2015年のノーベル文学賞が発表され、ベラルーシ


スベトラーナ・アレクシエービッチ氏に決まりました。



今年も村上春樹氏の受賞ならずでファンはガッカリした模様。



今年は村上春樹氏のファンであるヤクルト・スワローズが優勝し、



ヤクルト優勝と村上春樹氏のノーベル賞で同時に喜びになるか!?



とファンも期待していましたが、非常に残念な報道になりました。



エッセイの辺境・近境のピザハウスでも村上春樹氏のファンが集まり、



受賞を楽しみにしていましたが、残念な乾杯となった。



そんな日本が誇る村上春樹氏についてみていきたいと思います。














村上春樹氏とノーベル賞とヤクルト



村上春樹氏は何度もノーべル賞に選出されているが、未だに受賞には至っていない。



2015年のノーベル文学賞受賞の



スベトラーナ・アレクシエービッチ氏の受賞理由を



私たちの時代の人々の困難や勇気を、聞き書きを通じて多層的に描き出した



となっている。



当の村上春樹氏はどうなのだろうか?と思います。



やはり世界的に権威があるノーベル賞を受賞してみたいと思っているのか?



そうでもないのか?



村上春樹氏ではないのでわかりませんが、文学者としてはやはり



受賞したい!と思う気持ちはあったのではと思います。


E69D91E4B88AE698A5E6A8B94-3f928.jpg




そんな村上春樹氏は大のヤクルトファンである。


New_Flag.jpg


今年はヤクルトが優勝しファンとしては嬉しい気持ちでしょう。



そんな村上春樹氏が小説を書こうと思ったのがヤクルトだからです。



1978年のプロ野球開幕戦、観戦中に小説を書こうと思ったそうです。



ヤクルトの先頭打者のデイブ・ヒルトンが打った時のことだった。



小説を書くきっかけがヤクルトだったとは、何があってそう思い立ったのか?



それは村上春樹氏でなければわかりませんが、思い入れがあるからこそ、



ヤクルト・スワローズのファンなのでしょう。



風の歌を聴けは、ヤクルトがあってのことでしょう。



そんな村上春樹氏はヤクルトのファンである村上春樹氏がエッセイを寄稿しています。



スワローズクルー名誉会員である村上春樹氏は



やはりヤクルトに対する愛があるからこそのエッセイを寄稿するのでしょう。



今年はヤクルトが優勝したので、



村上春樹氏自身もノーベル賞受賞を期待していたのでは?



とも思われます。














村上春樹氏とノーベル賞とヤクルトのまとめ



村上春樹氏のノーベル賞受賞を楽しみにしていたので残念でした。



受賞を決定する方には是非選んでほしいと思いましたが、



それはしょうがないことです。



ですが、次回こそはお願いしますと願っています。



村上春樹氏のファンであるヤクルトが今年は日本シリーズで



優勝し、村上春樹氏の雪辱を果たしてほしいですね。



村上春樹氏、ヤクルトスワローズの活躍を期待しています。















村上春樹 ブログトップ