< meta name="keywords" content="岸朝子" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
岸朝子 ブログトップ

岸朝子さんの健康と現在、病気をしないからこその91歳の人生を謳歌した [岸朝子]

食生活ジャーナリスト岸朝子さんが9月22日に



亡くなっていたことがわかった。



フジテレビの”料理の鉄人”に審査員として出演し、試食後の



おいしゅうございます という表現が有名です。



出された食べ物はおいしく頂くというまさに食べることに喜びと



幸せを感じることが生きがいといわんばかりのその人生。


uid000297_201209131137286e32e78c.jpg


座右の銘は ”食は命、命は食にあり”と



語っていたその人生をみていこうと思います。














岸朝子さんと料理と人生



岸朝子さんは現在まで様々な料理記者として活躍されてきました。



1968年から”栄養と料理”の編集長を10年間も務め、



食べ歩き、食器の楽しみ方を企画する。



食という新しい文化を日本に広めた第一人者の中の一人だともいえます。


183_pic_06.jpg


やはり人間ですので食べなければいけない。



座右の銘である”食は命、命は食にあり”と語るほど食に対しては



優先させてきたと思われます。



楽しく、おいしく、きちんと食べることから始まると考えられます。



お酒やたばこを吸いますが、91歳まで生きたことから考えますと、



健康に対しては気にしていると考えられます。



しかし病気にはならずに、お酒、たばこも楽しんでいるからこそ



病気にはならないとも考えられます。



ストレスでお酒やたばこを嗜んでいては結局は病気になってしまうというのを



証明したかのようです。



美食家として知られていますが、やはり美食家ならではの考え方ですね。



現在の美食家といいますとおいしい食べ物を食べるというイメージですが、



岸朝子さんをみてますと、出された食べ物をおいしく頂くというのが



本当の美食家なのではとも思えてきます。



病気にならない秘訣を



子供のうちに、きちんとした食べ方を教えておくことが大事。



おかげさまで私からひ孫まで、誰ひとり大病をせず過ごしています。



と語っていた。



流石の食生活ジャーナリストだなと思いました。



健康の秘訣についても



嫌なことは夜、布団の中で考えないこと。太陽の下で考えれば、何事も明るくなる



ストレスを溜めないで、なんでもおいしくいただく。



私の健康の秘訣は、これに尽きますね



と2015年の女性セブンで病気にならずに健康でい続けられると語っている。



だからこそ91歳まで元気で健康に生きてこれたのでしょう。














岸朝子さんの現在までとまとめ



91歳まで健康でい続けたことはやはり食生活とストレスを溜めないこと!



食べる事もそうですが、人生を謳歌したからこそ健康でいられたのでしょう。



食生活ジャーナリストとしての岸朝子さんは天国でも”おいしゅうございます”



と仰っているのでは?と思われます。



人間として食べる事、楽しむ事に人生を注いだその人生は尊敬します。



岸朝子さんのお悔やみを謹んで申し上げます。















岸朝子 ブログトップ