< meta name="keywords" content="新木場ユキ" />
So-net無料ブログ作成
新木場ユキ ブログトップ

新木場ユキ 入院ノートに描かれた最後のマンガが感動する! [新木場ユキ]

漫画家の新木場ユキ火村正紀)さんが6月17日に



癌で亡くなっていたことをニュースで流れた。



休載中の”入院ノート”の続きを遺族の許可を頂いて連載を



始めることもガンガンONLINE編集者より発表もされた。


news_thumb_mv.jpg


長らく病気療養中だった漫画家の火村正紀(新木場ユキ)先生は、



平成27年6月17日にご逝去されました。 生前ご愛顧を賜った読者のみなさまに、



謹んでお知らせ申し上げます。



火村先生は、お亡くなりになる直前、



読者の皆様への最後のご挨拶にマンガを描きたいとおっしゃっていました。



残念ながらそれは叶わなかったのですが、



火村先生の遺品の中から休載中の「入院ノート」の続きが見つかりましたので、



ご遺族より許可を頂き、ここに掲載させていただきます。



編集部一同、火村先生に感謝と敬意を表するとともに、



ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



ガンガンONLINE編集部














漫画家 新木場ユキ先生とは?



これまで新木場ユキ先生が描かれた漫画は



2006年から2009年 月刊少年ガンガンにて はじめての甲子園


51D6K0ddgQL._SS500_.jpg


2011年 ガンガンONLINEにて シンデレ少女と孤独な死神


61y2JnVA3BL.jpg


2012年 行け!男子高校演劇部のコミカライズ版の構成を担当



2013年 ガンガンONLINEにて 入院ノート


news_thumb_mv.jpg


の漫画を描いている。



2013年の1月末に癌の診断を受けて、5月から入院ノートの連載を開始した。



新木場ユキ先生は女性漫画家で出身は愛知県



年齢は不詳(生年月日非公開のため)の為、いくつなのかはわかりません。



ですが、おそらくは30~40歳ではないかと思われます。



新木場ユキ先生のあまりにも早い訃報にやはりファンの方々は



とても残念でしょうがない声がたくさんありました。



たくさんのファンに愛されていたというのがよくわかります。



新木場ユキ先生自身の命のある限り、漫画を描いてファンの皆さんに



届けようとする姿勢は本当に尊敬に値します。



まだまだこれからという時に残念な訃報にとても悔やまれます。



きっとまだまだ描きたい漫画があったのではと思ってしまいます。



シンデレ少女と孤独な死神は癌の告知後原作ストック分の連載をもって



一部完結扱いとなっていること、入院ノートもそうですが残念でしょうがありません。














新木場ユキ先生と入院ノートのまとめ



入院ノートにて新木場ユキ先生の現状が漫画という形でファンに購読され



自身の現状を知らせてくれました。



それはやはり新木場ユキ先生が漫画家だからだと思います。



入院ノートで励まされた方も中にはいらっしゃると思われます。



残念なことに入院ノートの連載はもう見ることはできませんが、



最後まで新木場ユキ先生が漫画家でいられたことが救いではないでしょうか。



新木場ユキ先生(火村正紀)のお悔やみを謹んで申し上げます。












新木場ユキ ブログトップ