< meta name="keywords" content="ゴジラ" />
So-net無料ブログ作成
ゴジラ ブログトップ

ゴジラの新作・シンゴジラの撮影が洋光台やその他で行われている! [ゴジラ]

日本を代表する怪獣映画ゴジラの新作、シンゴジラがの撮影が



現在行われている。



ゴジラは日本から発信され、今や世界のゴジラとなっていることから



今や世界が注目する、ただの怪獣映画では終わらない



エンターテイメント映画となっている。


photo_3.jpg


撮影は現在まで、



9月6日に蒲田 9月9日に梅屋敷 9月12日に北品川



9月13日に洋光台 9月15日に梅屋敷 9月16日に鎌倉



9月20日に宇都宮でそれぞれ撮影され、



10月末まで撮影される予定です。



そして公開は来年夏に行われる予定だ!














今回のゴジラは世界の庵野監督



今回のメガホンをとるのは”新世紀エヴァンゲリオン”で有名な



庵野秀明さんが監督するということが注目だ!


1659.jpg


ゴジラなのに何故庵野秀明さんが監督を務めるのか?



ということです。



庵野秀明さんはアニメーションとして有名ですが、



特撮博物館を開催する等の特撮好きとして知られている。



風の谷のナウシカ”では巨神兵のビームのシーンを担当している。



さらにはエヴァンゲリオンではアニメーションに特撮のシーンを



アニメーションで表現する等の元は特撮に深い造詣をもっている。



作品にかける愛は特撮、アニメーションであっても変わらない



そんな庵野秀明さんが監督が今回のゴジラを手掛けるとなると



やはり楽しみでしょうがないです。














ゴジラといえばやはり破壊シーン



映画といえばド迫力な大画面に大音量があるからこそ



やはり映画館で見る方が多いはずです。



そんな大画面で見るゴジラの大迫力はやはり壮大です。



撮影が上に書きましたが、蒲田や洋光台等で行われていますが、



ゴジラがどんな風に暴れまわるのか?



そしてどうゴジラに対抗していくのか?


00_m.jpg


やはり世界の庵野監督の頭の中にあるイメージ次第です。



きっと今までにない破壊シーンであったりかなりの爆発シーンが



あったりするのではないかと今から楽しみでしょうがありません。



ゴジラの大行進がどこからくるのか?



緊張感がある対抗策、人類の進む道をどう撮影し描いていくのか?



そしてタイトルのシン・ゴジラのシンの意味とは?



世界のゴジラの新作が本当に楽しみです。


















ゴジラ ブログトップ