< meta name="keywords" content="高須克弥" />
So-net無料ブログ作成
高須克弥 ブログトップ

報道ステーションの報道で高須克弥さんがスポンサーを降りることをツイッターでつぶやく [高須克弥]

高須クリニックの院長で”YES、高須クリニック”の



CMで知られる高須克弥さんがテレビ朝日の



報道ステーションのスポンサーを9月いっぱいで



スポンサー契約を打ち切ることをツイッターで明かしている。


e3a267df9687ec6037f890b3bc5a9e86.jpg


今回の一件は報道ステーション安全保障関連法案に関する



報道が偏っている事が理由なようだ。



高須克弥さんはツイッター内で



今日の報道ステーションは完全に安全保障関連法案反対に偏ってるな。



両方の意見をバランス良く報道するという原則を完全に放棄している



とツイッターでつぶやき、



失望しました。来月からスポンサーやめます



とツイッターで語っている。



テレビ局にとってスポンサーはまさに神様。



そんな神様を怒らせてしまってはやはり相当マズイことになるはずだ。















何故高須克弥さんはツイッターでスポンサーを降りるとつぶやいたのか?


高須克弥さんは高須クリニックの院長です。


20141006_takasu.jpg


一般的には芸能人ではありません。



芸能人ではないが、高須クリニックの院長としてはやはり



社会的立場が高いと思われます。



テレビに出演したり、テレビCMで放映されているのを見た方は多いはずです。



ですが、やはり社会的な発言は芸能人や著名な方に比べますと



発言が低いと思われます。(一般人に比べますと高いと思われます)



もう一つの理由はやはり今回の騒動だと思われます。



報道に偏りが見られる現在のメディアで発言してもやはり



自信の発言が偏りのある報道をされるのではと思ったからではと思われます。



そこで自信の発言を直接発信できるツイッターというSNSで発信。



そうしますとメディアによる偏った発信ではなく、



直接的に高須克弥さん自信の発言を理解してもらえるのではと思い、



ツイッターで発言したのではとも思われます。














この先のメディアでの反応と対応はどうなるのか?



高須克弥さんがツイッターでこのようなつぶやきがありましたが、


8246.jpg


この先のメディアはどうなるのでしょうか。



確かに今回の報道ステーションの報道は偏りがないとは言い切れません。



民衆先導とも言えるこのような報道が果たして



報道ステーションだけなのか?といえば答えはNOだと思います。



現在はテレビ離れが続き、ネットに移行しつつある中であります。



ネットではテレビとは違い、スピードが違います。



昔はテレビや新聞等のメディアを通して色々な報道を知る。



という図式でしたが、現在ではインターネットSNSなどの



通信が発達したことにより、個人が記者となったり発言をする



ということが当たり前になりました。



しかし、匿名性が高いということを考えますと、



その記事がはたして正しいのかどうかというのは審議が分かれます。



そういった事を考えますと、現在のメディアでのフェアな精神は



なくなっているとも思われます。



日本人もそこに気がついていると思われます。



だからこそ今回の高須克弥さんがツイッターで発信した。



この先のメディアが大きく変わる過渡期を乗り越えて、



是非、正しい報道を目指してほしいです。

















高須克弥 ブログトップ